←前へ ↑トップ一覧へ ↑一覧へ 次へ→
GARNEAU GENNIX R1 カラーオーダーしていたフレームが届きました!

2015/08/10

   

 
カナダ発の自転車&サイクリングアクセサリブランド「GARNEAU」。
ブランドを立ち上げたルイ・ガノ氏は1984年のロサンゼルス・オリンピックに自転車競技の選手として出場。その後設立した自らの会社では、スポーツウェアメーカーとして様々な競技にでカナダナショナルチームに優れたウェアを供給するなど、カナダスポーツ界に貢献している。
またガノ氏は、カナダ国旗の現在のデザインが制定されて50周年となる2015年2月15日、国への多大な貢献をした50の人物または団体の1人として、カナダ首相から名誉ある国旗の贈呈を受けた。

GARNEAU GENNIX R1 はGARNEAUのロードバイクのフラッグシップモデル。
エアロダイナミクスを最大限に発揮。レースで勝つための究極のカーボンロードバイクです。

せっかくですので、GARNEAUのフレームカラーオーダーシステム「DREAM FACTORY」を利用しまして、カラーオーダーをさせていただきました!
オーダーしてから約2ヶ月、仕上がったフレームが届きましたので、写真を撮ってみました!

自分だけのオリジナルカラーというのは、とてもテンションがあがります。
皆様もカラーオーダー、いかがでしょうか?



※GARNEAUのフレームカラーオーダー「DREAM FACTORY」の価格や納期などの詳細は、お問い合わせください




GARNEAU GENNIX R1 FRAME KIT

  フレーム価格: \291,600(税別)
    カラーオーダー[DREAM FACTORY]は別途費用がかかります。



コンペティティブな設計はサイクリストの心を引きつけます。改善されたエアロダイナミクスとパワー伝達効率を発揮するためにより低いライディングポジションを実現でき、ショートホイールベースとクイックなハンドリングは機動性に優れ、集団の中からでも、すぐにアタックに反応することができます。特別な設計が施されたRTCC2とRTCC3カーボンコンポジットは、剛性と軽量化に注目し、エキスパートレーサーも満足させる完成度をもっています。

  SIZE:460mm(XS), 490mm(S), 510mm(M), 530mm (L) (C-T)
  COLOR:BLACK/RED, GRAY/ORANGE
  FRAME MATERIAL:GARNEAU GENNIX R1 UHM CARBON W / EXO-NERV TECHNOLOGY
  FRONT FORK:Garneau Uni-T OS monocoque carbon, 1-1/8" to 1-1/2" steerer
  HEAD SET:FSA ORBIT C-40-CF-ACB CARBON INTEGRATED 1-1/8"/1.5"
  ACCESSORY:HEAD SET, SEAT CLAMP
  WEIGHT:1.33kg (510mm) FRAME+FORK



1.UNI-T 1.5オーバーサイズ
GENNIX・Uni-Tフォークは優れたステアリング精度をもたらすために、大口径クラウンを用いることで剛性を高めています。またフレームと調和する流麗なデザインはカーボンファイバーを用いることで実現しました。


2.トータル・インテグレーション
軽快な挙動、美しいバイクのフォルムを際立たせるためにブレーキとシフトケーブルはすべてフレームに内蔵しています。さらには埃や泥汚れ、悪天候からケーブル類を守る役割も担っています。ケーブルストッパー類は取り外し可能で、シマノDi2にも対応できるように設計されています。

3.オーバーサイズドチューブ
テーパード・ヘッドチューブとオーバーサイズダウンチューブは、加速時に高いねじれ剛性を発揮し、パワーロスを限りなく抑え、高い反応性をもたらしてくれる重要な構造です。

4.プレスフィットシステム
ボトムブラケットの幅を可能なかぎり拡大することで、チェーンステーとの接合面積を広く確保することができました。結果、加速局面においてパワーの損失を大幅に低減することに成功しています。

5.IMPROVED COMFORT THROUGH DESIGN
いくつかのデザイン要素を統合することで、驚くほどに快適な機構を生み出すことができます。このW.A.V.E.テクノロジーはチェーンステーとシートステーの剛性を犠牲にすることなく、路面からの振動伝達を最小限に抑えることができます。さらに快適性を司る垂直方向へのコンプライアンスは、口径を小さく抑えたシートポストとインテグレーテッド・シートカラーによって増幅します。

6.マテリアル・オリエンテーション
我々のエンジニアは、もっとも正確なライディングクオリティを成し遂げるために、カーボンの繊維方向の配置方法やレイヤリングプロセスをマスターしています。

7.CNCマテリアルカッティング
カーボンファイバーを正確にカッティングすることで、オーバーラップを減らしつつも強度不足を招くことなく、重量を抑えることができました。

8.ノーボイドモールディング
我々が誇る最先端のマルチモノコックテクノロジーはより複雑な形状に成形するために、いくつかの部位に分けることで、高い精度を保っています。成型時にはポリウレタンの型を用い、内部に配置することで成形部位により高い圧縮力を加えることができ、積層の空隙(すき間)を最小限に留めることができます。さらに過剰な材料を排除することもでき、より少ない質量で強固な構造を作り出すことができるのです。

9.サイズごとにオフセットを最適化
各フレームサイズに対して、最適なオフセット量のフロントフォークをアッセンブルしています。たとえどんなサイズのバイクに乗っていようとも旋回性能やライダーの荷重分布、スタビリティの最適化を実現してくれます。





きたきたー!これこれ! オリジナルカラーです













・お問い合わせフォーム
 http://www.rideworks.jp/form/mail.html
 

 
←前へ ↑トップ一覧へ ↑一覧へ 次へ→
 
copyright © RIDEWORKS ,All Reserved.